新作 草木染め刺し子糸のお知らせ

大変お待たせ致しました!

やっと新作の草木染め刺し子糸をリリースすることができました。2015年秋コレクションとして、4種類の草木を使った合計8色の草木染めコレクションです。

これまでと同様に、Sashi.Coの二ツ谷恵子が一色ずつ丁寧に手染めをしております。手染めの為、一回の釜で染められるのは20カセが限度です。使用する草木や触媒だけでなく、温度や湿度によっても微妙に変化する草木染めの刺し子糸。一期一会のような草木染めが、刺し子へのインスピレーションを与えてくれます。

2015年秋 / 草木染め刺し子糸コレクション

原材料:エジプト綿
全長 :145m (メートル)
重さ :約32g

  • ログウッド:#009
  • ラックダイ:#010 / #011
  • 三種類の草木:#012
  • 西洋茜:#013 / #014 / #015 / #016

〜お買い上げはこちらから〜

+++++++++++

ログウット

#009_Logwood_ILL

#009 – 黄金花にて一度染めを入れた後、ログウットにて染めるという二段染めにて実現した綺麗な青色です。写真上で比較されている濃い青色は未だに安定せず研究中です。藍染には独特の技術と釜が必要な為、草木を使ってなんとか綺麗な青色を実現できないかと長年考えていました。その集大成が、この刺し子糸です。色が落ち着いた時は本当に嬉しかったです。

(写真上では左側の淡い青色が販売中の糸です)

ラックダイ

#010_#011_LacDye_ILL

とても人気のあるラックダイなのですが、染め上がりを安定させることが難しく、毎回多少の違いがでてくる草木です。艶がある紫が出来上がる時もあれば、落ち着いた紫系のベージュになることもあります。同じ条件なのに、本当に面白いです。

#010 – 明るい紫色を出せました(写真左側)

#011 – シックな紫がかったベージュ色を出せました(写真右側)

三種の草木を使った染め

#012_Trial_Tri

#012 – もう二度とできないかもしれないのですが、奥深い色が染めあがったのであるだけ限りでご紹介です。黄金花→タンガラ→西洋茜と染めてみたら、何か深い雰囲気のあるベージュ色が染め上がりました。

西洋茜

#013_#016_WesternMadder_ILL

こちらも人気の西洋茜。使う触媒や染めるタイミングで微妙ですが違う雰囲気がでてきます。全てピンク色なのですが、お好みのピンク色を選んでいただければと思っています。

写真は、4本だけの写真は右から左に順に#013、#014、#015、#016と続きます。逆に8色全て並んでいる写真の場合は左から右に#013、#014、#015、#016と続きます。

*繰り返し行っている実験の結果、顕著な色落ちはないと判断して販売しております。常に確認を行い、色落ちの可能性が強い色糸が出た場合は、このウェブショップにてお知らせ致します。大きな色落ちはないと確認しておりますが、草木染めの性質上、多少の色落ちはご了承ください。

*タンガラや五倍子といった定番の草木は、この一年間の草木染めを通して安定した糸を出せるようになってきました。上手に染め上がり、2015年春にリリースした草木染め刺し子糸と同一の色だと判断できたものもあった為、そちらの在庫に追加したものもあります。現時点では各糸10カセ程度の在庫数ですが、今後のSashi.Coの染技術の向上によっては在庫が増える場合もあるかもしれません。安定して草木染め糸を提供するという夢が叶いそうで嬉しいです。

〜お買い上げはこちらから〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です