刺し子好きな一人として

インスタグラムでの配信で、刺し子についての想いを語るようになりました。

語って初めて実感する想いというか、やっぱり想いを文章化(言語化)するのは大切だなあと思うのです。配信の中で、大槌刺し子とのコラボで作った「ベッドカバー」のお話をした時、皆様から「みたい〜」とのご希望を頂きました。

 

残念ながら当時の報告記事は残っておらず、また写真も以前の外付けHDDに入っているか(どうかすらわからない)というレベルなのですが、当時のブログがまだ残っていることを思い出しまして。写真も小さいのですが、その時のブログ記事と、そして昔の僕のブログを紹介します。

 

刺し子好きな一人として

http://sashiko.hida-ch.com/e486981.html

 

過去という事実は変わりませんが、「思い出」という補正がかかった過去は変わります。楽しかった事よりも苦しかった事の方が100倍も多かったような気がする2008年〜2013年の5年間も、文章で思い起こすとなんだか不思議な感慨深さを感じます。もちろん、ブログという表面だけをさらけ出す文章なので、全てが残されているわけではないのですが、今の僕と、そして当時の僕との違いや共通項を楽しんで頂ければと思うのです。

 

基本、変わってないと思うのだけどね。

親父への嫌悪感が、感謝に変わったことくらい……かな?

後は、2013年以降は、生き方の迷いが少なくなった気はしています。まだまだフラフラしているけれども、2008年頃は特に酷かった(笑)

 

 

 

零細企業の跡取り息子で、ひたすら会社を守ることの答えを求めていた若造が、今ではNYCで刺し子ワークショップを開催できるようになっている。人生万事塞翁が馬。

 

ほんといつも思うのだけど、運だけは良いのです。

そして、運を共有してくれる仲間運も、本当に恵まれている。というか、人に恵まれている。「おかげさま」の毎日で、いつかは皆様に恩返しができるように、今後も頑張っていく所存です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください