刺し子な福袋

刺し子な福袋について / 物語とテーマを

先日のブログ、「刺し子な福袋、2021年に向けて」への沢山の反響、ありがとうございます。今回で3回目になる”刺し子な福袋”なのですが、去年までは「年末年始を通して準備した分が売り切れればいいなぁ」くらいの準備&宣伝で、且つ恵子さん一人で準備しても十分余裕があるくらいの結果だったので、あまり深く「売り切れの可能性」については考えていませんでした。ふと、皆様の反応を頂く中で、もしかしたら「売り切れちゃって買えない人が出てくるかもしれない」という心配が出てきて、インスタグラムにてアンケートを実施しました。そこで頂いた皆様からの回答と26日までの時間を鑑みつつ、どのように販売するかを決定しました。簡単に結論だけまとめると、12月26日の夜9時の販売から翌日27日のお昼くらいまでに頂いた福袋のご注文は、全てお届けするというものです。詳細に関しましては、このブログの終わりにインスタグラムでの投稿を引用してご説明差し上げます。このブログでは、「刺し子な福袋」って結局何なの?という根本的なお話を少し掘り下げます。

福袋を目指して作った刺し子な福袋

2018年に一番始めの福袋を作った時は、「色が安定せず番号を付けることができない、けれどもとてもとても素敵な刺し子糸」をお得な価格でお買い求め頂けたらという思いで作りました。その過程で、せっかくなら、「刺し子も楽しんでもらえたら……」と少し布等をおつけした福袋もあります。

この「色が安定しなかった糸」については、刺し子配信をご覧頂いている皆様のアドバイスで、「無番の刺し子糸」として販売することになりました。その為、翌年の2019年の福袋においては、「如何にお得感と満足感と共に刺し子を楽しんで頂けるか」をテーマに、恵子さんに丸投げして作ってもらいました。懇切丁寧な作り方の説明書が同封されず、戸惑いを与えてしまうこともありましたが、内容物としては満足頂けたんじゃないかと思っています。

そして今年。3年目。コロナ禍が顕著になった頃から、「今年の福袋は”ワクワク”できるものにしよう」と恵子さんが準備を始めたのです。”ワクワク”と言っても、人それぞれで何にワクワクするのか違うと思うので、どんなものになるのか遠い場所から見ていたのですが、結論としては「恵子さんが刺し子をして楽しいもの=ワクワクするもの」という感じの福袋になるようです。「刺し子をして楽しくないもの」は「ワクワクしないもの」であることは間違いないので、方向性としては素晴らしいだろうなと思っています。恵子さんが、こういう風に文章で紹介することは無いでしょうけれども。

また、コロナ禍でぽっかり空いてしまった予定の中で、これまで試してみたかった「緑色」の草木染めに挑戦をすることになりました。この緑色は番号にすることが本当に難しい糸で(継続性と再現性を担保することが大変難しい色で)、こうして福袋にまとめる事を前提に進めることで、不安や心配を抱えながらも前に進むことができたという思いがあります。福袋を目指して一年頑張ってきて(楽しんできて)、そして刺し子な福袋ができました。

また、同時に、コロナ禍において、「一個人事業者の貢献など、微力ではあるのだけど、でもできることはしたい……」と、資金に少しでも余裕ができた時は、国内の糸や布、また刺し子に使う道具等をできるだけ購入するようにしておりました。糸や道具は、もうすでにお気に入りが決まってしまっているので、ここでバリエーションを増やすことができたのが、布でした。とはいえ、恵子さんが使う布は、結構ガチっと決まってしまっていて、あれもこれもと在庫で抱えることは好ましくありません。なので、布好きな僕(淳)が欲しいものを、少しずつ、微力ではありますが、購入し続けてきました。これらの布は全てアメリカに来る予定なのですが、とても素敵な布なので、皆様にもおすそ分けができるかな……と思って作るのが、「淳の刺し子福袋」です。また、定番の藍染布は勿論のこと、何種類かの布をお送りするので、普段は選ばれないかもしれない草木染め刺し子糸との組み合わせも楽しんで頂けたらと、(草木染)刺し子糸も同封します。こちらも、違う角度からではありますが、一年を通して、「福袋を作るために頑張った一年の福袋」になっていると思います。

「僕らは微力だけれど、決して無力ではない。」大槌刺し子プロジェクトにて出会った、特定NPO法人テラ・ルネッサンスの創設者、鬼丸昌也さんの言葉です。できることを、無理せず、でも甘えず、愚直に進んできたのが、このコロナ禍の一年だったように思います。そんな中の”福”を、少しでも皆様と共有できたら嬉しいのです。

刺し子な福袋のテーマと大凡の内容物

あくまで”福袋”なので、何が含まれるかをお約束することはできないのですが、それぞれのテーマと基本とされる内容物、また個人的な感想をご紹介します。種類は以下です。

  • 恵子の刺し子福袋 A (3,990 円)
  • 恵子の刺し子福袋 B (10,200 円)
  • 淳の刺し子福袋 (10,500 円)

(12月27日更新)

恵子の刺し子福袋(A/B)

恵子の刺し子福袋のテーマは、「緑」と「(刺し子をする)ワクワク感」です。当初は、値段が高い方の福袋B(10,000円程度)だけを検討していたのですが、”私達の刺し子をあまり知らない方にも、ご心配を少なくして楽しんで欲しい”という思いから作ったのが、福袋A(4,000円程度)です。

福袋Bは、福袋Aに「もっとワクワクを追加した」ものです。なので、福袋Aの内容物は、福袋Bにも入ります(内容物が重複する可能性が極めて高いです。)この点をご理解頂ければ、福袋Aと福袋Bを両方お買い上げ頂く事は全く問題ありませんが、ホントに全く同じものが並んじゃう可能性があるので、事前にご了承頂ければと思います。

福袋Aには、「緑」をテーマにした草木染め刺し子糸と、届いたその日にでも刺し子を楽しんで頂けるちょっとしたもの(恵子さんがワクワクしたもの)が入ります。多少の(刺し子以外の)準備は必要ですが、全く初心者の方でも、僕の配信やYoutubeでの動画を見ながら、無理なく挑戦して頂けると思っています。コツがいるので、完全に独学だと難しいかもしれませんが、その場合は運針会をご検討頂ければ嬉しいなと思っています。シンプルな刺し子を楽しんで頂けるものなので、フォローアップがしやすいというのもあります。

福袋Bには、「緑」をテーマにした草木染刺し子糸と、恵子さんのワクワクしたものが追加で入ります。”キット”的なものではあるのですが、”お洒落で懇切丁寧な説明書”は同封されません。ここまでかという程の原始的な、恵子さんの手書きの説明書(コピーになるとは思います)が、同封されます。刺し子に関しての質問についてはできる限りウェブ上でお答えするようにしたいとは思っていますが、仕立て等が必要になる場合もあるので、全く刺し子の初心者の方には、「不親切」に感じられてしまうかもしれません。一度でもバッグとか仕立てたことがあれば、大丈夫かなとは思います。「去年の福袋が大丈夫だったよ」という人も、きっと大丈夫です(去年、結構反省したので、去年よりは親切なはず)。

あまり具体的に書くとワクワク感が出ないとは思いつつ、できる限り具体的にご紹介しました。参考にして頂ければ幸いです。

*針と指ぬきセットはどちらの福袋にも同封します。「もうあるから必要ないよ〜」という方は、知人で刺し子に興味がある方にプレゼントしてあげてください。基本、糸と布と、この針と指ぬきがあれば、刺し子は楽しめますので。

淳の刺し子福袋(A/B)

淳の刺し子福袋のテーマは、(少々恥ずかしいのですが)「僕が欲しいもの」です。恵子さんと打ち合わせをする中で、一つに纏めちゃおうという案もあったのですが、今年に限っては「恵子さんがしたいこと」と「僕が欲しい物」の妥協点がなかったので、2つ別々の福袋を作ることになりました。

好きな布に好きな柄を書いて、好きなように刺すのが今現在の僕の刺し子なので、基本的に「糸と布」があれば、もう満足してしまうのです。その糸と布をできるだけお得に、且つ上記の「少しでも生産者の力になれたら」と購入した布を一緒に、お届けします。

……どうしよう。これ以上、話を膨らませられない(笑)僕が好きな布=刺し子に適している布です。まだ、僕自身が手に触れていない布もあるので、全てが刺し子に適しているとは言い切れませんが……、刺し子に最高に適している布は福袋に入ります。

草木染糸は必ず入ります。白糸も入れる予定です。白糸いらないよーという人は、その旨を僕に伝えて頂ければ、恵子さんにこそっと伝える事はできます(お約束はできないのでごめんなさい)。なお、こちらの福袋は「緑」がテーマではないので、草木染め糸の色はランダムになります。(白糸はいらないだろうなぁと僕がもう分かっちゃってる常連の方には、白糸は入らないと思います)。

針指ぬきセットは入りませんので、予めご了承下さいませ。

刺し子な福袋の販売について

販売は2020年12月26日(土曜日)、午後9時(21時)に、私どものウェブストアにて開始することを予定しています。ご購入頂く前に、「刺し子な福袋 2021年に向けて」に記載してある「ご留意頂きたいこと」を一読頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

上記みたいに開始時間を決めたのは、アメリカと日本の時差、及びコロナ禍での僕の主夫としての仕事の都合があります。完全に僕の都合で、12月26日の午後9時は都合が悪いぞ……という人がご購入頂けないのは、なんかとても嫌な感じがしてしまったので、インスタグラムでのアンケートを通して、「12月26日の夜9時の販売から翌日27日のお昼くらいまでに頂いた福袋のご注文は、全てお届けする」ということにしました。とはいえ、上限を簡単に変えられるものではないので、少々お願いしたいことも出てきております。インスタグラムに記載したことではありますが、再掲載致しますので、一読頂けたらと思います。

*現時点でのご希望数は、予定している数より少し少ない感じなので、多分大丈夫かなとは思うのですが、念の為に準備をしております。

以上、「年末年始に宣伝して準備した分が売り切れたら良いなぁ」と簡単に考えていたのですが、心配性の僕の本性が出てきてしまい、このような形をお願いすることになりました。正直な所、「来年のハードルが高すぎる気がする……」という心配が、「売り切れたらどうしよう」という心配よりも先にくるくらいには、頑張った福袋だと思います。

早いもの勝ちで9時に売り切れてしまうようなものではないとは思うのですが、発送の時間等を鑑みて頂くと、早いほうが安心&安全だったりします。と同時に、僕たちもできる限りのことはしたいと思っています。「刺し子のワクワクを皆様に届けたい」が今年の恵子さんのテーマであり、また、その「ワクワクできるもの」を届けることが、僕たちの何よりもの願いであるので。

ご検討の程、どうぞ宜しくお願い致します。


以下、インスタグラムでの流れです。

アンケートのお願い(インスタグラム12月22日)

今年の刺し子の福袋。恵子さんと最後の打ち合わせでした。前回の投稿で、「販売開始は12月26日の夜9時の予定です」とお伝えしてウェブサイトをご紹介したのですが、今現在は福袋は「在庫切れ」と表示されるようになっています。当日夜9時頃にご購入できるようになります。

で……ふと、思ったのですが、もしかして「売り切れる」可能性があるのか……と。

過去2回の販売数と、@Sashi.Coでの日本語圏でのフォロワーさん数(90%以上非日本語圏の方なので……)と、このアカウントのフォロワーさん数(僕個人も含めて興味を持ってくれている人)、恵子さんのできる仕事量&材料に投資できるお金、福袋のお値段(草木染を詰めるので値段は高め)等、諸々考えて、「ま、売り切れはないでしょ」と思った数は準備しているのですが、少し心配になってきました。

恵子福袋A-①
恵子福袋B-②
淳福袋-③

として、もしご迷惑でなければ、ご希望をこのインスタアカウントでお伝え頂くことは可能でしょうか?コメントでも大丈夫ですし、追ってストーリーを作りますので、そちらにてアンケートに答える形で教えて頂けても嬉しいです。

*福袋の詳細はブログより参照下さい(https://sashico.com/?p=4603)。

もし万が一、ご希望が準備数以上頂けるようであれば、抽選も検討しなきゃと思っています。同時に26日〜27日にご購入頂いた方には全てお届けできたらというのが僕たちの願いです。

「年末年始はずっと販売する予定」と前回の投稿に書いたように、当日売り切れになることは想定していませんでした。調整が必要かどうかを見極める為、ご希望を教えて頂けたら嬉しいです。

*ご希望をお伝え下さったからといって購入の義務は発生しませんのでご安心ください。あくまで、「購入できなくなる人が出てくるのであれば、事前に対応したい」というものです。同時に、できるだけ現実に沿った数字を見たいので、「検討中だけどとりあえず!」という方は、その旨をコメントで教えて頂けると嬉しいです。複数ご希望の方は、その旨も。「欲しいです!」という方の数字を基準に準備する袋の数を検討しようと思います。僕たちの願いは、欲しいと思う方には届けるというものなので。どうぞよろしくお願いいたします。

福袋の販売方法について(インスタグラム12月24日)

2021年に向けての刺し子な福袋。12月22日のお伺いからお時間を頂いて、更に恵子さんと話し合いを深めました。

結論から。

[恵子福袋A&Bに関して]
予定通り12月26日午後9時頃に、現在の「在庫なし」から「在庫あり」に変更してお買い求め頂けるようにします。早いもの勝ちではなく、12月26日〜12月27日のお昼くらいまでにご購入頂いた方には、必ずお届けできるようにしたいと思っています。
ただ、上限はあるのです。少々矛盾に聞こえるかもしれませんが、上限は今現在ではどうしようもできないので、26日9時〜27日お昼の様子を見つつ、また今回アンケートにお答え頂いた方の人数を追いつつ、僕が限界と判断した段階で一度「売り切れ」とする予定です。その際、インスタグラムのアンケートにすでにお答え頂いている方で、購入できなかった方は、別途お問い合わせ下さい。アンケートにお答え頂いた方の数と販売状況を基準に限界点を見極めるので、振り分けられるようにします。(その為、大変お手数ではございますが、ご購入を希望の方は22日の投稿をお読み頂き、コメントかストーリーかで意思表示を頂けますと大変助かります)。

全て手動で行うので、上限を超えてしまってご注文を受けつけてしまった場合は、年末年始の発送ではなく少々お時間を頂くかもしれませんが、必ずお届けします。ご希望頂ける方には、必ずお届けしたい……というのが私達の願いですので。(その場合は個別にご連絡致します。)

26日の9時に購入しないと売り切れてしまうということは避けられると思うのですが、発送は原則、ご注文頂いた順に行います。最後の方だと少々発送にお時間を頂くことになる点、ご了承頂ければと思います。販売開始時にご注文頂ければ、それだけ早くお手元に届けられます。そういう意味では、早い者勝ちです。ごめんなさい。でも勝ち負けはない感じにできるだけします。

今の所、アンケートに回答頂いている数字だと、「想定内」なので、杞憂に終わる可能性も多々あるのですが、準備をするに越したことはないですし、できるだけ公平なのが良いかなと思うので(”早いもの勝ち”もとても公平です。ただ、僕があまり好きじゃないのです)。

[淳福袋に関して]
こちらも、12月26日午後9時に、恵子福袋と同様に販売開始にします。生産が終わってしまった布も一部福袋に入る予定なので、こちらもキツめの上限はあるのですが、26日〜27日にご購入頂いた方にはお届けできるようにします。様子を見つつ、売り切れにする場合もありますが、インスタにコメント頂いていて、ご購入ができなかった場合は、お問い合わせ頂けたらなんとかできるように限界点を見極めます。

こちらの福袋のコンセプトは、「僕が欲しい布と糸」なので、生産が終わってしまった布が無くなってしまっても、同様のお得な福袋自体は作れると思っています。ただ、できるだけ平等な感じにしたいと思うので、26日〜27日の早めの段階でご注文頂けると安心です。

[最後に]
こうしてご希望を頂けること、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。お洒落な包装も、カッコいいロゴも、洗練されたマニュアルもなーんもない、ただ「布と糸と刺し子に使うもの/刺し子を楽しむもの」が詰まった福袋です。でも、刺し子好きな方にはご満足頂けるような内容にできると思っています。

心配が杞憂に終わりますように。僕もドキドキしてきました(笑)27日のお昼の段階で一度区切ろうと思うので、26日21時〜27日11時の間でお手続き頂けたらと思います。心配が杞憂に終わった場合は、去年と同じように年末年始を通して販売します。

長い文章になってしまいました。ごめんなさい。福袋の数は、過去の実績等も踏まえて、余裕を持って設定したつもりです(でした)。ただ、できるだけ正確な限界点を見極めたいので、ご購入をご希望の方は、12月22日の福袋とすかしが入った画像投稿のコメント欄、もしくはストーリーにてアンケートにご回答頂けますと、大変助かります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

【編集後記】

親子とは面白いもので、どれだけ仕事の話をしていても、気がついたら境界線がなくなってしまうみたいです。あれだけ打ち合わせしたのに、その後更に2時間、刺し子への思いを僕に語ってくれるあたり、やっぱり恵子さんも熱いものあるじゃん……と。あの母あって、この僕の面倒臭さです。こうして「どうやったら喜んでもらえるか」を一緒に話せるのは、昔をちょっと思い出したりして、やっぱり嬉しい時間になりました。これも皆様のおかげです。ありがとうございます。

One thought to “刺し子な福袋について / 物語とテーマを”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください