運針会ジャケット報告

運針会ジャケット(20) 報告

先日、想いとコンセプトをご紹介した運針会ジャケット(20)。ご参加頂いた方々の26枚の刺し布を、一着のジャケットとして仕立てる作業を開始致しました。同じ柄をお願いし、指定した色の範囲内で「好きなように刺し子をして頂く」ことで、一層動きが増すように思います。針目の個性と色選びの個性。様々な個性を恵子さんが如何に一着の刺し子とするか。とても楽しみです。

運針会ジャケット(20)の最初の説明はこちらから。

正解も間違いもないからこそ

日本人の日常に存在した刺し子には、間違いも正解も存在しないと思っています。もう少し丁寧に説明すると、「全ての形が正解」だと思っているのです。ただ、「正解も間違いもない」という言葉は、「何でも良い」とか「上手にならなくても良い」という意味ではありません。各々の信じる針目の中で、多くの方が上手になりたいと願い練習し、また理想を描く事で今日の刺し子が残っていると思います。

今回、運針会ジャケット(20)にご参加下さった方も、十人十色です。経験も、思いも、刺し子に没頭できる時間の量も、これまで刺してきた量も、一人ひとり違うのです。ただ、どの刺し子も「素敵」です。針目から息吹が感じられ、楽しんで頂けたんだなぁと嬉しく思う針目ばかりです。針目を感じて頂く為に、裏面もご紹介差し上げています。是非皆様の刺し子を楽しんで頂けたら幸いです。

(ご紹介しているのはイニシャルです。ご参加希望のご連絡を頂いた順と、お預けした枚数順にご紹介しています)。

A.M. 様

T.H. 様

I.A. 様

S.Y. 様

S.K. 様

H.Y. 様

T.N. 様

K.M. 様

S.M. 様

U.Y. 様

T.S. 様

T.Y. 様

K.R. 様

K.M. 様

K.M. 様

A.N. 様

I.M. 様

これぞ刺し子というジャケットに

刺し子には正解も間違いもないと書いたばかりですが、同時に「これぞ刺し子」という作品を作りたいという思いがあります。「刺し子」と聞いて頭に思い描かれる作品を作りたいのです。この運針会ジャケット(20)は、前回の運針会ジャケット(18)に続いて、「これぞ刺し子」と世界中にご紹介できる作品になるような気がしています。本当に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください